ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




上中下、500ページ弱×3冊を1週間かけて読んだ。 どんだけヒマなんだよとか言わないで。

別の著者の『太公望』は読んだことがあったし、最近『封神演義』をまた読んだから、図書館で見かけてつい手に取ってしまった。
周を動かして殷王朝を倒した、稀代の天才軍師。
半ば伝説化してる人なので、本によって登場人物や背景がガラリと変わり、前知識があるほど混乱する。 妲己が善人に描かれててビックリだったし。

真実はもう誰にも分からないってところが魅力なのかもしれない。 あれだけ頭が切れると、世界はどんな風に映るんだろう。 とにかく面白かった。 かなり熱中した。
さて・・・いい加減、借りてるハリポタに手を出そうかな。


話は変わりますが。
続きを読む
スポンサーサイト




魯迅の作品集を1冊読んでみた。 有名な『阿Q正伝』や、『狂人日記』『薬』など・・・
どれも暗くて、面白くない。 なぜ彼が後世まで大きく評価されているのかは、もっといろんな背景を知らないと分からないんだろうと感じた。 とりあえず『薬』はダメージが大きかった。

こうして好きな本を読める時間は今のうちだと思うので、最近は濫読しています。


さっき友人がくれたメール。
変死遅れた。すまそ』
うん。 あと50年は遅らせてください。 できれば通常の死でよろしく。


ところで以前、友人がハワイ土産に、コーヒーを飴がけしたマカダミアナッツをくれた。
くどいようだけどコーヒーが苦手なので、内心『なんでコレをあえて私に・・』と思いながら食べたら、それが絶妙に美味しかった。 「マウナロア(?)」かなんか、よくある青緑のパッケージでマカダミアナッツを売ってる有名なとこのやつ。

それ以来、輸入食品店を見かけると探してるんだけど売ってない。 扱ってないのかなー。
ネットでお取り寄せでもいいので、誰か知ってたら教えてください。




バルザックを読もうと思ったけど図書館になかったので、何となく三島由紀夫を借りてきた。
島民が皆顔見知りの小さな「歌島」(三重の神島)が舞台で、18歳の「新治」が主人公。 父を亡くし、漁で母と弟を養い、お金を積み立てて自分が行けなかった修学旅行に弟を行かせてやる。

漁で鍛えた体に白い歯、口数は少なく一本気。 島の権力者の娘「初江」に出会って、彼女のことが頭から離れず動悸がする自分を「俺は病気に違いない」と悩む・・・


違う時代の男でした。


いやー、あまりに真面目で純粋で・・・ お姉さんついていけないよ、みたいな。
まぁ読みやすくていい話なので、機会があればどうぞ。


さっき少し「のだめ」を見たけど、やっぱり無理があるな実写は。 漫画は面白いんだけど。
昨夜から偏頭痛がひどくて、何もしたくない・・・




東京往復の間に読んだ、初・宮部みゆき。 バリバリのミステリー作家と思っていたので、映画の「ブレイブ・ストーリー」の予告を見た時は驚きだった。
私が読んだのも中学生の男の子が主人公だったし。

軽妙な語り口で、主人公の恋も青春って感じで平和に読めるかと思いきや・・・

これ、けっこう重い。

殺人事件の背景にある、人間の醜さとか、社会の裏側とか・・・しかもハッピーエンドとは言い切れない後味の悪さが残る。 意図的にそう書いたんだろうけど。
なんかどうしようもない救われなさ。 誰を責めることもできないような。

つか中学生っしょ?? こんな現実を見せなくても。 こんな恋愛させなくても。
それに、主人公の親友(将棋部エース)は頭良すぎ。 コナンのほうがまだ可愛げがあるかも。

そして困ったことに、『今夜は眠れない』の続編らしい。 内容に影響はないけど、ところどころで引用されててさみしかった。 ま、今度買ってみようかな。

ちなみに買ったのはコレ、一般のはたぶんコレ。 表紙で本の印象って変わるもんだ・・・。




本屋の文庫本コーナーにて。 女子高生が、『あっ、オトイチ。あたし好きやねん、買おうかなー』と、別の子に話しかけてた。

うん、オツイチだよ。 ホントに好きなの?

otsuitchi02.jpg   otsuitchi01.jpg

以前『暗いところで待ち合わせ』を読んで以来、2冊目。 『失はれる物語』を買った。 いわゆる”心温まるストーリー”が多い短編集。
交通事故で右腕以外の一切の感覚がなくなる、という表題作はぼろぼろ泣けて困った。 展開も読者に分かるように書かれてるんだけど・・・なんかもう悲し過ぎる話だったから。
どの話も、読んで時間の無駄にはならないはず。 ぜひどうぞ。

乙一の作品の中でも、残酷系にはまだ手が出せないでいる。

なんせ私は、『暗いところで~』の表紙が怖くて、とっくに読み終わったのに本屋のカバーを外してないほどのチキンなので。
だって目がこっち見てんじゃんよ!! いや、話の内容は全然ホラーじゃないんだけど・・・。
ホラーはまだいいけど、人間の内面を抉り出すタイプの描写は無理。


昨日福岡から帰ってきた。 向こうでのんびりし過ぎて、なんか変な感じだ。
実家のテンションで友達にボケをかましそうになって焦る。






| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ZenLOG (ブレスル飛び地), All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。